top of page

女装の基本!知っておこう。男女の体型の違い





こんにちは!cottonスタッフの紬です🎀

今回は女装さんに是非知っておいて欲しい、基礎知識を書いていきます✏️


可愛くなるにはまず「知る」ところから


男性が女装をして「女の子らしくなりたい」と思った時、まず知っておかなくてはならないのが男性と女性では何が違うのかです。

漠然と可愛くなりたいと願うよりも、何が違うのか知った上で攻略するのが、早くパス度を上げる秘訣です!今日は体型について、違いを詳しく説明していきます٩( 'ω' )و



男女の体型を比べてみよう!ということで、まずはヌード寸法(20-24歳の平均値)の比較データをご用意致しました🐣どんっっ




※バストについては男女で測る場所が違うので参考値 単位:cm


全体的に男性の方が大きいです。

ここで注目して欲しいのが、肩幅と袖丈(腕の長さ)。どちらも男性の方が女性より5cm程大きい値になっていますね。


肩幅が広く、腕が長い。これは後々、トップスなどを買う時に重要になるので、覚えておいてください…!!


もし身長が同じなら…違うのはココ!


次はもう少しわかりやすく、女性と男性の身長を合わせてみました⭐️

こんな感じ。(計算過程で四捨五入している為誤差あり)



※バストについては男女で測る場所が違うので参考値 単位:cm


…おわかりいただけるでしょうか?

身長を揃えてみると、肩幅とか腕の長さのバランスって意外と男女差がないんです。


むしろ注目すべきは、ウエストとヒップ🍑 身長が同じだと仮定しても、女性のウエストは細く、逆にヒップは大きくなっていますね。

このウエストに対してヒップが大きいということが、女性らしく見える大きなポイントになります。


ちなみに、この違いはどこからくるのかというと…



このように、肋骨と骨盤の形に大きな差があるのです。


男性の肋骨は横に広がるように・女性は下にすぼまるようになっているのがわかるでしょうか?その形状の違いから、女性の方がウエストのくびれができやすく、その位置も高いという傾向になります。


また、女性の骨盤は、妊娠・出産のため横に開いた形になり、逆に男性は閉じた状態になっています。さらに女性ホルモンの影響で腰~下半身にかけて脂肪がつくので、ヒップにボリュームが出やすくなります。


男女差が出やすいパーツ


①腕と手

腕は特に、鍛えている人と痩せている人が目立ちやすいです。。。

女性は腕に筋肉がつきにくく、痩せ型でも全体にうっすら脂肪がついています。なので鍛えている場合に筋肉が目立つのはもちろん、血管が浮き出ていたりする人も、場合によっては目立つかもしれません。


手に関しては、あえて見られなければあまり関係ないのですが、意外と性別が顕著に出ます。もし気になる場合は、手の甲をなるべく見せないなどゴツさをカバーするように心がけると良いです◎


②脚

脚に関しては、女性の方がむちっとしていることが多く、膝や筋肉の感じが気になることがあります。ただサロンで見ている限り「ほどよく締まって綺麗」な印象を受けることが多いので、もし気にならなければ、必ずしも隠す必要はないと思います🙆‍♂️


ただしすね毛などは必ず隠しましょう!

処理できない場合は、厚めの黒タイツや、通販などで手に入る厚手ストッキングなどがおすすめです!

厚さの目安:黒なら80デニール以上、肌色なら200デニール以上(コスプレ用など)


可愛く見せることはできる


ここまで男女の体型の違いを説明しました。違うところがわかっていれば、その差を埋める努力ができます。

今後その方法をブログで書いていくので、より女性らしく、可愛くなる方法を身につけましょう!







bottom of page